理事長ご挨拶

 医療法人暁美会田中病院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 当院は昭和54年8月1日、当時、南河内地区に救急指定病院が少なかった事から、労災を含む救急患者様の収容治療及び地域の皆様の健康増進と疾病治療を目的とした一般急性期病院(病床数52床)として、開院致しました。
当院のベッド数は180床で、一般急性期病床・地域包括ケア病床・医療療養病床で、急性期から慢性期の全ての機能をカバーできるケアミックス型病院の体制をとっております。そして国が進めています地域包括ケアの考えに基づき、在宅診療にも力を入れており、「医療・介護・予防」という専門サービスと「外来から入院、在宅での治療まで」患者様が住み慣れた地域で安心して切れ目のない治療を受けて頂く事の出来る一貫したシステムを構築しております。
外来及び入院患者さまには診療のみではなく、質の高い看護・介護およびリハビリテーションによる機能回復訓練、栄養管理や社会福祉士による退院後のご相談など、各専門職種が連携をとり、在宅復帰や施設復帰のお手伝いを行っています。

今後の少子高齢化社会が目前に迫る中、よりいっそう病院の機能分化役割分担が明確となってきます。今後も、これまで以上に地域の診療所のかかりつけの各先生方、急性期医療機関、介護施設などとの連携を強化し、地域のみなさまから頼りにされるかかりつけ医の病院として、今後更なる療養支援と在宅支援にも努力して参りたいと考えております。

病院職員一同、地域のみなさまに愛される病院になれるよう、知識と技術の研鑽を図り、微力ながら全力投球していきたいと思っておりますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。
医療法人 暁美会 田中病院
理事長 田中 大吉